副業

【2位は動画編集 1位は??】副業したい社会人が身につけたいスキルとは?


「副業をしたいけど、まずはどんなスキルを身につければよいか分からない」

「社会人が副業をするためには、どのようなスキルがあると良いのか知りたい」

そんな疑問を抱いたことはありませんか?

そこで、副業したい社会人におすすめなスキルをランキング形式でご紹介します。
悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。

副業するのにスキルって必要なの?

結論からいうと、副業をするだけであればスキルは必要ありませんが、本格的に大きな金額を稼ぎ続けようと思えば、何かしらの専門分野のスキルは不可欠になります。

初心者でも簡単な副業ならできるって聞いたよ!?

誰でもできるような仕事はあるけど、、、
副業はうまく使いこなせないと、時間の切り売りになってしまうから注意だよ。

スキルが必要ない仕事は時間の切り売りになる可能性が高いです。
時間の切り売りをする仕事を副業に選ぶことは、自らブラックな働き方を選ぶようなものです。

例えば、ポイントサイトやアンケートモニターの副業ならスキルなしで誰でも実践は可能です。
しかし、それでは、時給で働くバイトと何ら変わりありませんよね。

ただでさえ本業で多くの時間が奪われているのに、さらに副業なんてできますか?

そんなの無理~~~~!!

もはや「1人ブラック企業状態」だね・・・

つまり、時間を切り売りせずに副業で稼ぐためには、需要がある分野の稼げるスキルが不可欠となります。
1人ブラック企業状態にならずに、副業で生活できるレベルの収入を考えるなら、スキルなしでは難しいという現実を理解しておきましょう。

副業したい社会人が身につけるべきスキル

それでは、副業したい社会人におすすめのスキルを紹介します。

第4位 ライティング

第4位はライティングのスキルです。ライティングとは、文章を書くことです。

最近では、スマートフォンやパソコンで記事を読む人も多いため、Web向けの文章も多く求められるようになりました。そのためライティングの専門家でなくてもライティングを請け負うことが容易になったといえます。

とはいえ、現在は「文章の質」が問われる時代。ライティングのスキルを上げることで文字単価もあがり、継続案件を依頼される機会も増えてくのです。

具体的にどんな力をつければよいの?。

ライティングのスキルを高めるためには以下の3つの力を高める必要があります。

  • タイピング、ネット検索などの基本的なパソコン操作をする力
  • 本などから情報収集し、それを整理する力
  • 分かりやすい文章を書く力

ライティング初心者がこれらの力を身につける近道は、「とにかくアウトプットをして実践を積むこと」です。

具体的には、ブログで記事を書く、副業で案件を受けて記事を書く、Twitterで発信するなど、とにかく何でもいいので書いてみてください。

はじめは上手に書けなくてもOKです。まず、書いてみることで、自分の課題もみえてくるのです。

第3位 タッチタイピング

第3位はタッチタイピングです。タッチタイピングとは手元のキーボードを「見ないで」入力するタイピング方法のことです。

今の時代「ITスキル」は必須です。そんな「ITスキル」の中でも絶対に役立ち、投資したリターンがとてつもなく大きいスキルがタッチタイピングです。IT初心者こそ身につけるべきスキルがタッチタイピングです。

別に普通にキーボード入力できれば問題ないでしょ?。

タッチタイピングを身につけていないと

  • 入力間違いに気づきにくい
  • 画面とキーボードを交互に見るため疲れる
  • タイピングスピードがいつまでたっても速くならない
  • ストレスがたまる

タッチタイピングを身につけることで、作業効率が格段にアップし、ストレスもたまらなくなります。

僕自身も、タッチタイピングを習得してから、ブログの作成時間が約半分の時間で終わらせることができるようになりました。時間が有効利用できるメリットは大きすぎます。

私のようなIT初心者でもタッチタイピングは身につけることができます。

とはいえ、タッチタイピングを身につけるには訓練が必要で、習得には多少の時間を要します。

おすすめの練習サイトは「e-typing」というサイトです。無料で利用でき、自分の成長の記録も残せるためおすすめです。

作業効率を上げたい人や、ライティングの仕事を考えている人、ブログをはじめたい人は是非タッチタイピングの練習をしてみましょう。驚くほど作業効率が上がりますよ。

第2位 動画編集

第2位は動画編集のスキルです。

副業といえば動画の編集、ってイメージはあるけど、なんでなんだろう?

YouTubeやInstagram、TikTokなどの動画を見る人が以前より増えたのが大きいね。それに伴って動画編集者の需要も伸びているんだよ。

YouTubeを使って宣伝をしたい企業や、もっと影響力をつけたいと思うインフルエンサーなどはたくさんいます。そのような人たちから案件を獲得できれば安定して稼げるようになるのです。

でも、動画編集って難しそうじゃない?

正しく努力すれば、難しくないよ。むしろ、他のスキルを身につけるよりも難易度は低い!

しかし、副業として動画編集を始めるのであれば、ある程度のスキルが求められます。

スキルや実績があればどんどん単価が上がるので、初めは簡単な案件から始め、スキルを磨きいながらコツコツ実績を積んでいきましょう。

簡単な案件を受けて経験を積みたいという人はココナラなどで経験を積むのがおすすめです。

ココナラとは 個人のお悩み解決からクリエイターへの制作依頼までできる、スキルのオンラインマーケットです。まずはこのあたりから始めてみましょう。

なんか本格的に動画編集のスキルを学びたくなってきた!

「本格的な動画編集を学びたい!」
「働きながら動画編集のスキルを身につけたい!」

そんな方は、動画編集を学べるオンラインスクールを利用するのもおすすめの一つです。

スクール代が発生してしまうことがデメリットとですが、スクールを利用することで稼ぐスキルが身に付けば、スクール代の元は取れます。

おすすめのオンラインスクールはTechAcademy [テックアカデミー]です。

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 受講生に1人ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターが専属でつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
  • オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

今後、ますます需要が高まる動画編集のスキルを今のうちに身につけておきましょう。

第1位 簿記 

身につけたいスキルの第1位は簿記です。

簿記??意外過ぎる

簿記はビジネス上の取引に関して、帳簿をつけて決算書を作る技術です。

決算書を作ることで

  • 商売でいくら稼げたか
  • いくら資産や負債があるか

一目瞭然になります。経営をしていく上での必須スキルといっても過言ではありません。

簿記を学ぶことで、お金の管理や利益についてよく考えられるようになるから、
ビジネスパーソンとしての市場価値も高まるね。

また、副業の収益が20万円を超えると確定申告をする必要があります。その際にも、簿記のスキルが必要となります。

確定申告をすると65万円まで控除が受けられるため、申告しなかった場合に比べて13万円も手元に残る金額が多くなります

副業をして稼ごうと思うのであれば、簿記は確実に身につけておきたいスキルです。

簿記の知識を身につけたい人はまずは簿記の3級を取得するのがおすすめです。

簿記3級の資格は、簿記の学習経験がない人でも最適な勉強方法で効率よく勉強すれば、合格を目指せます。

わたしは独学で3か月ほど勉強して取得することができました。

ちなみに独学で合格できない試験ではないですが、合格可能性を少しでも高めたいなら「クレアー」という通信スクールの教材が圧倒的におすすめです。

  • 教材のクオリティが高い(試験に出ない重要性の低い部分はカット)
  • 値段が1万円未満で超安い(大手スクールの半分以下)
  • メール・電話での相談が無制限OK
  • もし試験に落ちたら無料で再受講可能の保証制度付のコースもある

早期・一発合格したい人は、ぜひクレアールを使ってみてください。

まとめ

副業をしたい社会人が身につけたいスキルを紹介してきました。

なかなか時間がない社会人だからこそ、自分にとって本当に必要なスキルは厳選すべきです。

将来の自分の姿を想像して、そこから逆算思考でどんな副業が自分はしたいのか考えてみましょう。

自分のしたいことが決まれば、どんなスキルが必要かも見えてきますよ。