貯蓄術

【重要】生活防衛資金って何?目安やメリットについて分かりやすく解説

こんにちは、ピヨキャンです(@piyokyanhyper)

会社の倒産や災害など、思いもよらなかった原因で突然収入が減ってしまうという事態は他人ごとではありません

このような不測の事態に備えるためにも、大切なのはお金です

そこでで注目されているのは「生活防衛資金」です

生活防衛資金とはいざというときに最低限の生活が送れるよう確保しておくお金のことです

資産形成の第一歩は「生活防衛資金を貯めること」といっても過言ではありません

くまくん

でも、生活防衛資金っていくら貯めればいいの?

そこで今回は、生活防衛資金の目安・メリット・その後の行動、について解説します

 今回の記事で分かることは以下の3つです

  1. 【ケース別】生活防衛資金の目安はいくらか?
  2. 生活防衛資金を貯めるべき3つの理由
  3. 生活防衛資金を貯めた後にすべきこと

ピヨキャン

今回の記事を読んで、生活防衛資金を貯めてみよう

【ケース別】生活防衛資金の目安

必要な生活防衛資金は、家族構成や働き方などによって異なります

ここで大切なのは、生活防衛資金は収入ではなく生活費で考えるということです

例えば、年収が400万円だからといって、年間の必要な生活防衛資金が400万円というわけではありません

生活費を基準に考えるので、生活費が30万円であれば年間で必要な生活防衛資金は360万円となります

ピヨキャン

まずは、自分の生活費が年間いくらなのかを考えよう

今回は2つの基準で必要な生活防衛資金の目安をまとめました

  • 会社員か自営業者か
  • 子育て世帯かどうか

その人の働き方や家族構成などの状況によって、必要な生活防衛資金の目安は変わってきます

ピヨキャン

今回は、月の生活費が30万円の世帯を例にして、目安を計算してみるよ

会社員×子どもがいない

会社員で子どもがいない場合は、生活費の半年分(180万円)が生活防衛資金の目安になります

会社員は安定的な収入があるため、急に収入が0になる可能性は低いです

会社の倒産や病気で働けなくなった場合も、失業保険や傷病手当金といった制度が利用できます

くまくん

とりあえず、半年分は確保だね

会社員×子どもがいる

会社員で子育て世帯であれば生活費の1年分(360万円)は生活防衛資金を貯めておきましょう

子どもがいる家庭では、支出を減らしにくく、生活レベルも下げにくいことがほとんどです

また、子どもが小さくてすぐに働けない場合もあります

また、子どもの教育資金は、生活防衛資金とは別に確保するようにしましょう

あくまでも生活防衛資金は、最低限の生活を送れるようにするためのお金だからです

くまくん

子育て世帯は、1年分!

自営業者×子どもがいない

自営業者で子どもがいない場合は、生活費の1~2年分(360~720万円)は生活防衛資金はためておきましょう

会社員と比べて自営業者は収入が不安定で、公的な保障も薄く、失業保険や傷病手当金もありません

そのため、会社員よりは多めの金額を貯めておく必要があります

くまくん

自営業者は生活防衛資金がより重要!

自営業者×子どもがいる

自営業者で子どもがいる場合は生活費の2~3年分(720~1080万円)が生活防衛資金の目安となります

収入が不安定なうえに、子どもがいるので生活費をなかなか減らせない状態のため、多めに生活防衛資金が必要となってきます

くまくん

多めの確保を!家族のために、生活防衛資金をためよう!

生活防衛資金を貯める3つのメリット

では次に生活防衛資金を貯めるメリットを3つ解説します

ピヨキャン

メリットが分かれば、貯めるモチベーションも上がるね

生活防衛資金を貯める3つのメリット
  1. 不安が軽減される
  2. お金がより貯まりやすくなる
  3. 無駄な保険に入らなくてすむ

メリット①:不安が軽減される

1つ目のメリットは「不安が軽減される」です

生活防衛資金があることで、安心して生活が送れます

生活防衛資金がある人とない人の違い

生活防衛資金がある人

  • 仕事がなくなっても、焦らずに次の仕事を探せる
  • 体調を崩した時に、治療費を払える
  • 予期せぬ家の修理や車のトラブルに対応できる

×生活防衛資金がない人

  • 生活費のために、ブラックな仕事を続けなくてはいけない
  • 転職するための期間が短くなる
  • ローンや借金をしてしまう

私たちは、住宅の購入や結婚式の費用、子どもの教育のために貯金をします

これと同じように、緊急時のために生活防衛資金を用意しておくことで精神的な安定を生むことができます

くまくん

生活防衛資金があると、冷静な判断ができるね

メリット②:お金がより貯まりやすくなる

2つ目のメリットは「お金がより貯まりやすくなる」です

お金が貯まりやすい人は、支出を上手にコントロールできています

例えば、生活防衛資金が貯まっていれば、無駄な買い物を減らせます

くまくん

なんで、ムダな買い物を減らせるようになるの?

それは、欲しいものが買える状態になると、「買わない」選択ができるからです

  • 「買えない」・・・ストレスがたまる
  • 「買わない」・・・ストレスがたまらない

生活防衛資金があり、自分で「買わない」選択ができるようになると、ストレスなく無駄な買い物も減らせるのです

メリット③:無駄な保険に入らなくてすむ

3つめのメリットは「無駄な保険に入らなくてすむ」です

生活防衛資金が貯まっていれば万が一の保険も、必要最低限の保険のみで良くなります

必要最低限の保険
  • 掛け捨て生命保険
  • 火災保険
  • 自動車保険(対人・対物無制限)

貯蓄から支払える金額の治療費や修理費にも、保険をかけている人は大勢います

くまくん

「なんとなく不安」ってだけで保険に入っちゃっていたかも…

不要な保険をかけた結果、手元に残るお金が少なくなってしまうのです

生活防衛資金があれば、無駄な保険に入らなくて済むため、資産形成のスピードも上がります

生活防衛資金を貯める方法が知りたい方は以下の記事を参考にして下さい

【年間75万円削減】貯める力をブースト!固定費の見直し5選 こんにちはピヨキャンです。 いきなりですが、「節約」と聞いてどんなことをイメージしますか? うさお ”タクシーを使わない”...

生活防衛資金が貯まった後にすること

FIREを目指し資産形成をするのであれば、生活防衛資金が貯まったら、投資を始めるのがおススメです

ここで大事なことは、あくまでも生活防衛資金を貯めることが優先、ということです

生活防衛資金がない状態で投資をすると、精神的に余裕がなくなり、暴落時に投げ売りに走る可能性があるためです

資産や自由な時間を増やすためには、投資は必要不可欠ですが、順番を間違えないようにしましょう

とはいえ、早く投資を始めたいという人もいると思います

ピヨキャン

投資の効果を高めるには早くに始めたほうがよいのは事実

もしもあなたが、生活防衛資金を貯めながら投資ができるのであれば、iDeCoやつみたてNISAのお得な制度のみを利用して投資をはじめてみるのがよいです

まずは、小さく始めてみるのがよいですよ

まとめ

今回は、生活防衛資金について解説しました

生活防衛資金のポイント
  1. 目安は、会社員なら生活費の半年~1年分、自営業者なら1~3年分
  2. 生活防衛資金があると、不安が減り、お金も貯まりやすくなる
  3. 先に生活防衛資金、そのあと投資が基本
  4. 投資も同時にしたいなら、iDeCo・つみたてNISAのみ

いざという時は予期せず起こります

病気やケガ、地震や台風、株価の暴落など、いつ起こるか分かりません

このような時に備えた公的なセーフティネットはありますが、それが機能するまでには時間がかかります

ある程度の、生活防衛資金を準備しておきたいですね

ピヨキャン

生活防衛資金にいくら回せるか、さっそく生活費を見直してみよう!

くまくん

生活費を見直したい人は、下の記事もチェック♪

【誰でもできる】目指せ10%カット!家計の支出を削る具体的な方法を紹介 うさお 楽に節約ができたらいいのにな FIRE実現には家計の支出カットは欠かせない条件です。 いくら収入が増えても、支出...
【初心者向け】最速でサイドFIREをする方法!ピヨキャン流ロードマップ(前半) こんにちはピヨキャンです(@piyokyanhyper) これからFIREを目指したいけど、 何から始めればいいか分から...
こちらの記事もおすすめ!